開放廊下には美観も大切!~適切な防水工事で早めの対処~

開放廊下の劣化を防ぐ~防水工事の種類と特徴~

女性

マンションの管理をしていると、住居者が安心して暮らせるよう劣化した部分の防水工事を行う必要があります。開放廊下の劣化が見られたら、最適な工法で工事を行うと良いでしょう。まずは、防水工事の種類から見ていきましょう。

防水工事の種類

アスファルト防水
アスファルト防水はアスファルトを含ませた合成繊維不織布をコーティングしたシートを張り重ねていく防水工事です。防水層が厚く、水密性が高い防水層が出来ます。昔から使用されている工法で、信頼性のある防水工事です。
シート防水
シート防水とは、防水シートを接着剤などで貼り付けて防水を行う工法です。この防水シートの種類は、ゴム系のシートや塩化ビニール樹脂で作られたシートなどがあります。種類によっては耐久性や特徴が変わります。
塗膜防水
塗膜防水とは、下地部分に液体状の防水塗装を施す防水工事です。液体の素材は、樹脂や合成ゴムなどがあり、ウレタンゴム系が多く使用されています。液体状なので、ハケやローラーもしくは機械で吹き付けて成膜・硬化させる防水工事の工法があります。

美観を損なわない施工方法

開放廊下に最適な施工方法はありますか?
開放廊下では、防滑シートをおすすめします。防滑シートなら、防水機能を衰えさせることなく開放廊下の美観も保つことが出来ます。開放廊下を美しい状態で保ちつつ、効果も発揮することが出来るので、住環境を綺麗に保つことが出来ます。マンションを外から見たときの美しさも大切ですが、内側の美しさを意識することも大切です。

このように、防水工事にはたくさんの種類があります。様々な種類の中から開放廊下に最適な工法を選び、防水工事を行うと良いでしょう。開放廊下を良い環境に保つためには防水機能だけではなく、美観も意識すると良いでしょう。

こんな症状があったら業者に依頼しよう~防水層の劣化~

開放廊下に施されている防水層は、年月が経つと劣化していきます。防水層が劣化すると、ひび割れや剥がれが出てきて、建物にまで影響を与えてしまいます。建物に影響が出る前に、早めに業者に依頼してもらいましょう。

劣化のサイン

劣化のサインを見つけたらすぐに改善してください(防水業者)

開放廊下の防水層が劣化すると、表面がひび割れしたり、防水層が浮いてきたりしてきます。初期段階では小さなひび割れですが、徐々に範囲を広げていき防水層が剥がれていきます。防水層が剥がれてしまうと、開放廊下の防水機能の低下だけではなく、美観が損なわれてしまいます。さらに、防水機能の低下によってひび割れが起きた場所から雨水が侵入してしまい、建物の耐久性にまで影響をあたえてしまいます。そのため、小さな劣化を発見したら早めに防水工事を行うことをおすすめします。

開放廊下の防水劣化を見つけたら、対策を行わないと機能の低下や建物への影響、美観を失うことになるので早めに防水工事を行いましょう。

TOPボタン