開放廊下の劣化を伸ばすために〜防水工事後にやるべきこと〜

アフターケアに関するQ&A

業者による防水工事を行っても、防水層は劣化していきます。この劣化を少しでも防ぎ、長持ちさせるためには、メンテナンスが必要です。防水工事後も、しっかりとメンテナンスをすることで防水層の劣化を防ぐことができます。

メンテナンスの重要性

開放廊下を定期的にメンテナンスすることで防水層の状況を把握でき、修繕工事などの計画を立てやすくなります。また、防水層の劣化状況を知りたい場合は、無料調査を行って調べてもらいましょう。業者の調査で工事が必要なのかが分かり、早めに対策が出来ます。

雨風などに触れるマンションの開放廊下は、劣化しやすい環境と言えます。防水層が劣化してしまうと、ひび割れた部分から雨水が侵入していき、雨漏りを引き起こしてしまいます。このような二次被害を防ぐためにもメンテナンスは大切です。

TOPボタン