開放廊下の劣化を伸ばすために~防水工事後にやるべきこと~

メンテナンスサポートで安心~開放廊下の防水工事~

業者による防水工事を行っても、防水層は劣化していきます。この劣化を少しでも防ぎ、長持ちさせるためには、メンテナンスが必要です。防水工事後も、しっかりとメンテナンスをすることで防水層の劣化を防ぐことができます。

アフターケアに関するQ&A

修繕工事を行うサイクルはどのくらいですか?
防水工事の内容によって寿命が違うため、修繕工事のサイクルも変わってきます。また、メンテナンスや建物の状況によっても変化しますが、約12年が修繕工事を行うサイクルとなっています。この修繕工事のサイクルは、約5年ごとに見直しを行うと良い環境を長く保つことが出来ます。メンテナンスも併せて修繕工事のサイクルも考えておきましょう。
工事ではなく調査だけを依頼することはできますか?
現在の防水層の状態を把握することは大切です。防水工事を行うとしても、まずは現地での調査が必要になります。工事を考えていなくても、状況が気になる場合は、調査のみを無料で受けることが出来ます。調査を受けることで、防水層があとどれくらい保てるのかが分かり防水工事を行う計画を、余裕をもって立てることが出来ます。

開放廊下を定期的にメンテナンスすることで防水層の状況を把握でき、修繕工事などの計画を立てやすくなります。また、防水層の劣化状況を知りたい場合は、無料調査を行って調べてもらいましょう。業者の調査で工事が必要なのかが分かり、早めに対策が出来ます。

メンテナンスの重要性

マンション廊下

雨風などに触れるマンションの開放廊下は、劣化しやすい環境と言えます。防水層が劣化してしまうと、ひび割れた部分から雨水が侵入していき、雨漏りを引き起こしてしまいます。このような二次被害を防ぐためにもメンテナンスは大切です。

TOPボタン